DAILY LIFE WATER 水を守る
雨水の集水・貯水
+浄化・循環システムで、
生活水を自給自足。
日々のくらしに欠くことができない「水」。
蛇口から出てくることがあたり前だと思いがちですが
災害などでストップしてしまう可能性も
ゼロではありません。
「雨」という自然の恵みを活かし、
上水道にたよらなくても生活水を自給自足できる家。
そこには、「エコ視点」「エコ思考」で終わらない、
くらす人を守る強い意志が込められています。

生活水量の3倍※1集水

雨水で生活水を自給自足できるOTSハウス。敷地内に降る雨を効率的に集められるよう屋根や中庭に独自のデザインを施し、1年間に必要な生活水量の3倍※1もの雨水を集水・貯水することができます。※1)「OTS雨水資料・生活水循環サイクル」により、1日に必要な生活水を330lとして算出。気象庁「過去の気象データ」より、静岡市の過去30年間の降雨量の平均値から算出。

水を受け止める

効率的に雨水を集める屋根デザイン
一方向に傾斜したデザインの屋根で、雨水を効率的に集めます。
雨どいフィルターの活用
屋根で集めた雨水は、雨どいを通りながら、まずフィルターでごみなどを取り除きます。
中庭でも上手に雨水を受け止める
敷地全体で雨水を集められるよう、中庭のタイルをゆるやかに傾斜させ、雨水タンクに送ります。
  • ●中庭の集水イメージ
雨水利用・循環サイクル図

最大1万リットル貯水

生活水を雨水でまかなう上で課題となるのは、年間の降水量が一定ではないこと。OTSハウスは最大1万リットルの雨水タンクを設置し、降水量が少ない月も4人家族の生活に十分な水量を確保できます。

水を貯める

1万リットルの雨水を貯水
敷地の地下に最大1万リットルの雨水を貯水できるタンクを設置。この水を水源に生活水をまかないます。
雨水を生活水へと浄化する
雨水浄化装置で生活水へと浄化。OTSハウス内へ供給されます。
雨水利用・循環サイクル図

排水を40%※2に削減

OTSハウスでは、雨水を浄化した水を家の中で循環活用します。水の残量や使用量もモニターで確認でき、無駄なく使うことで排水を約40%※2に削減。また飲料水は安心な宅配水を利用しています。※2)当社試算による。

水を上手に循環活用

生活水の循環サイクルを確立
生活で使用した水は、RO装置を介し純水・処理水の2つに分別。純水は再び生活水として、処理水はトイレの洗浄水として活用します。
水の“見える化”
水の残量や使用量はモニターで確認できます。見えることでの安心感や、水の使用に対する節水マインドも高まります。
飲料水は宅配水
「おいしい水の宅配便」を利用
TOKAIグループが提供する宅配水サービス「おいしい水の宅配便」によるウォーターサーバーを完備。安心かつ備蓄性を確保する飲料水が利用できます。
雨水利用・循環サイクル図

MOVIE

水を守る 篇 [ 3:10 ]

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
BACK TO TOP